【FEEL BMW】 Motorrad Blog.

BMW Motorrad Blog is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
【駆けぬけずにはいられない】 www.bmw-motorrad-de.com/ www.club-rt.net/ www.club-rt.org/ ビーエム.jp/
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
■開校26年目を迎えるBMW Driving Experience 2015年の開催
今年で日本開校26年目を迎える「BMW Driving Experience(ドライビング・エクスペリエンス)」の2015年開催概要を発表した。



2015年のBMW Driving Experienceは、6月6日から10月25日の間、4つのコース(コンパクト・スポーツ、アドバンスI、アドバンスII、インテンシブ)より合計10回開催する。各コースの定員は24名。

申し込みは先着順で、受付を4月13日(月)正午12:00より専用ウェブサイト(http://www.bmw.co.jp/dt)にて開始する。



BMW Driving Experienceは、ドイツで1977年にBMW ドライバー・トレーニングとして開校し、今年で38年目を迎える。ドライバーへの運転技術の向上と安全知識の普及を目指し、画期的実践的カリキュラムによる体験型安全運転講習としてスタートし、今や公共機関なども活用している。



日常では体験することの少ない、いざという時には実践しなければならない「急ハンドル」、「急ブレーキ」などの運転操作を自分の手で安全な場所で行い、「その体験を通じて、危険を回避する方法を知る。」というプログラムを主体にしている。

また、雪上、砂漠などでの体験型アドベンチャー・コース、ライフスタイル・コース、本格的なサーキット・コースなどのコース・バリエーションも充実している。ドライビング体験の浅いドライバーからベテラン・ドライバーの方までを対象に、安全運転の基本知識と技術を身につけ、改めて自動車本来の持つ運転する楽しさや、運転についての新しい発見をするプログラムである。



日本でのBMW Driving Experienceは、1987年にBMWドライバー・トレーニングとして試験開校し、1989年にドイツ以外の国で初めて本格的に開校した。

既に延べ500コース以上、13,000名以上が受講しており、安全運転講習のパイオニア的な存在である。



2015年のBMW Driving Experienceにおいては、優れた環境性能と卓越したパフォーマンスの両立を実現した「よりクリーンに、よりパワーを。

BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」の設計思想に基づく革新技術を採用したクリーン・ディーゼル・モデルのBMW 320dや、新開発3気筒ガソリン・エンジンを搭載した新型218iアクティブ ツアラーなどをトレーニング車両として使用し、一滴のガソリンも無駄にすることなく且つダイナミックなドライビングを実践する「スムース・ドライビング」の要素を加味した環境性能を高めるドライビング・テクニックに焦点を当てる。



講師陣は、開校当初からのチーフ・インストラクター菰田 潔氏、シニア・インストラクターの萩原 秀輝氏に加え、佐藤 久実氏、五味 康隆氏、三浦 健光氏の5名である。



BMW Driving Experienceは、主催BMW Driving Experience事務局、監修ビー・エム・ダブリュー株式会社、で運営・実施している。











▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









 
Powered by Motorrad Bolg designmaster tadami nasu